2009年6月 - EUの欧州議会選挙(2)

さて、投票日である2009年6月7日がやってきた。


票を投じるイサベラ(左)と環境党の党首二人(右の女性は本書に登場するマリア・ヴェッテルシュトランド)


実は、投票日に先駆けて行われた世論調査では、環境党の大躍進が予想されていた。投票所が閉まり、開票が始まるのは午後9時。しかし、既に午後8時から公共テレビや民放局では、選挙特番が放送され、出口調査による予想が公表されていた。環境党は、この出口調査でも大幅に支持を伸ばしていたのだった!


選挙特番のスタジオの脇にある待合室で出口調査結果を見ている、各党の候補者たち。イサベラはいないが、右端で大喜びしているのは環境党の現職カール・シュリューテル。


開票作業がそれぞれの開票所で午後9時から始まり、得票数の集計が次々と更新されていったが、結果は予想通り、環境党の大躍進だった。得票率は11.02%と、前回の選挙での5.96%を大きく上回った。さて、気になる獲得議席数だが・・・。環境党が獲得したのは2議席だった。そして、イザベラも見事当選することができたのだった。(実は、もう1議席獲得まであとわずかだった)

イザベラは、環境党の仲間とともにストックホルム中心街に大きな会場を用意して、開票速報を見守っていた。しかし、「得票率が大きく伸びた」という出口調査の結果が明らかになったため、開票作業が始まる以前から、会場は熱気に包まれていた。そして、議席数が2議席と確定したとき、カール・シュリューテルとイサベラ・ロヴィーンは、党の仲間や支持者に感謝の言葉を述べた。

「『沈黙の海』を読んでくださった皆さん、ありがとう」
イサベラはこう言った。


左から、党首の一人であるマリア・ヴェッテルシュトランド、カールシュリューテル、イサベラ・ロヴィーン


環境党がこの選挙で大きく支持を伸ばした背景は、一つには、環境問題への関心の高まりがあった。特に、温暖化問題へ大きな懸念を抱く人が多く、一国ごとの取り組みだけではなく、ヨーロッパレベルで抜本的な取り組みが必要だ、と考える人たちが環境党へ票を投じたのであった。

環境党が支持を伸ばしたのは、主に都市部だった。スウェーデン全体で見た環境党の得票率、11.02%に対し、ストックホルム市における得票率は16.79%だったし、第二の都市であるヨーテボリ市では15.35%だった。都市部での支持率が高かったのは、高学歴の人の割合が多く、環境に対する関心が比較的高いことなどとも関係していると考えられる。

また、投票所に足を運んだ18歳から29歳までの若者に出口調査をしたところ、3~4割が環境党を支持したという。次世代を担う彼らが、環境問題へ高い関心を示していることもこのことから分かる。

(ただし、欧州議会選挙における投票率そのものは45.53%と低かった。スウェーデンは国政選挙では81.99%と先進国の間でもかなり高い投票率を誇っているが、EUの選挙となるとここまで落ちる。これは、スウェーデンの人々にとって、EUという組織が日常生活から遠い存在であることを表している。EUに対する関心は、少しずつ高まりつつあるものの、一般的に低い。)

[PR]

# by silent-ocean | 2010-01-28 08:36

2009年6月 - EUの欧州議会選挙(1)

EUの欧州議会選挙は2009年6月初めに、EUに加盟する27カ国のそれぞれで行われた。

全議席数736のうち、スウェーデンに充てられたのは18議席。この18議席を巡って、スウェーデンでは国政・地方選挙と同様に比例代表方式による選挙が行われた。

前回の記事の通り、イサベラ・ロヴィーン環境党から出馬の話を持ちかけられ、2008年末にこの申し出を受けることにした。その後、党内での事前投票によって候補者名簿の第2位に名前が載ることが決まった。つまり、環境党が少なくとも2議席を獲得すれば、彼女にも当選のチャンスが回ってくるということだった。

欧州議会の選挙は5年ごとに行われるが、その前の選挙で環境党が獲得したのは1議席、得票率は5.96%だった。さて、2議席を獲得することは可能なのだろうか・・・?


キャンペーンポスターより。真ん中の男性が候補者名簿第1位のカール・シュリューテル(現職)。そして左にイサベラ・ロヴィーン、右に第3位のボディール・ケバロス。



選挙キャンペーン中の写真をいくつか。


環境党はストックホルム中央駅の構内に特設スタジオを設けて、選挙日前日までキャンペーンを展開した。多くの人々が行き交う場所とあって効果は抜群。



イザベラもここで自分の考えや意欲を何度か訴えた。



地方へも赴く。この日はヨーテボリをはじめとする西海岸の町を回った。キャンペーン中も意見交換や情報収集は欠かせない。ヨーテボリの郊外の漁港フィスケベックでは、エコラベル認証を取得したニシン漁を行っている漁師と意見交換。現行制度の問題点などを聞いた。(訳者も同行)



同じく西海岸に位置するリューセシールでは、大きな水族館を訪ね、環境党が掲げている海洋環境保護プログラムについて、ここで勤務する海洋生物専門家から意見や指摘を聞いた。(訳者も同行)



地方を訪ねると、地元の新聞やテレビ・ラジオ局が取材のために殺到する。『沈黙の海』のおかげで既に名前が知れていたため、キャンペーン中はメディアの注目を集めやすかった。


さて、ついにやってきた投票日。結果は?(続く・・・)

[PR]

# by silent-ocean | 2010-01-22 06:32

イサベラ・ロヴィーンの決意

『沈黙の海』を2007年8月に出版したイサベラ・ロヴィーン(Isabella Lövin)は、スウェーデン国内の各種メディアの注目を浴び、本が高く評価された結果、10を超える数の賞を受賞することとなった。そのうち、代表的なものが「スウェーデン・ジャーナリスト大賞」であり「環境ジャーナリスト賞」だった。

その後も、彼女はジャーナリストとしての活動や執筆を続けていたのだが、2008年の11月、大きな決断をすることになった。その翌年6月に開催される欧州議会選挙に立候補することを決めたのだった。


ジャーナリストから政治家への転身という思い切った決断を行ったわけだが、彼女はその心境をジャーナリスト新聞(Journalisten)で語っている。ジャーナリスト新聞は、スウェーデンのジャーナリスト協会が会員向けに発行している機関紙だが、彼女はそれまで定期的にコラムを連載していた。その連載の最後となるコラム(2008年11月24日付)に心のうちを語っていた。

ちなみにこのジャーナリスト協会は、ジャーナリストを代表する団体であると同時に、ジャーナリストのための労働組合でもある。

----------


2008年11月24日
さようなら、ジャーナリスト新聞!
もとの文章はこちら](和文の強調および脚注は訳者が加えたもの)


「ジャーナリストから政治家に転身するのは難しい決断だった?」

環境党(緑の党)の欧州議会選挙の立候補者リストに私の名前があることについて、日刊紙ダーゲンス・ニューヘーテルからこんな質問を受けた。私は「難しくはなかったと思う」と答えた。

しかし、実際はというと、私の人生のなかで最も厳しい決断の一つだった。いや、離婚や解雇だったらもっと大変だろうから、最も厳しいというのは言いすぎだけれど、それでもジャーナリストとしてのタブーを犯してしまうような感じがした。自分の意見を主張するだけならまだしも、政治家になることを選んでしまったのだから。

政治家への転身を決断した瞬間、ある考えが頭をよぎった。「私がこの新聞に連載してきたコラムは続けられるのだろうか?」私はもうジャーナリストでなくなるわけだし、ジャーナリストとしての最も重要な原則、つまり「中立性」を放棄してしまったわけだから、難しいかもしれない。さあ困った。でも、よく考えてみれば、あの本を出版してからというもの、私はジャーナリストの同僚からもはやジャーナリスト扱いされなくなり、むしろ専門家だとか評論家だとかオピニオンリーダーと見なされるようになったのも確かだ。

ジャーナリズムを通じて私が環境問題への関心を示してきたおかげで、ついに思いがけない申し出を受けることになった。それは私の人生を根本から変えてしまう申し出だった。

「欧州議会の議員になってみないか?」

しかも、EUのあの悲惨な漁業政策が改革されようとする、まさにその期間に欧州議会議員をやってみないかというのだ。欧州議会は今でこそ権限が小さいが、もしリスボン条約[注1]が発効すれば、農業分野と漁業分野における政策決定には閣僚理事会の議決だけでなく欧州議会の議決も必要となる。ということは、漁業政策改革の決定に議員として直接関与できるということなのだ。それまでの私の願いは『沈黙の海』を英訳出版して、スウェーデン以外の国々でも乱獲に対する関心を呼び起こしたいということだったが、それと同時に議員にもなれば、ヨーロッパ全土で乱獲問題の議論に火をつけることができる。つまり、私の武器は一つじゃなくて、いきなり二つになるってことだ。それならば、申し出はなおさら断り切れないでしょ?

私はジャーナリストから政治家へと立場を180度、替えてしまったのだろうか? そうだとすれば、それはこの世で一番素晴らしい職業から足を洗ったということになる。だって、ジャーナリストという職業は、どんな物事でも自分から進んで分析したり考察したりできるし、時には鋭く、時には親身に、時には娯楽的に、時には批判的に、主観的に、客観的になったりというように様々なスタンスを持つことができるし、世論に影響を与えたり、社会の惨めな問題に光を当てたり、興味深い人に何人もインタビューしたり、権力を持つ者を厳しく追及したり、コラムを書いたり、言ってみれば何でもできる職業なのだ。でも、唯一の例外がある。それは、政治的な活動は行えないということ。でも、今まで私にはその気がなかったから、それは全く問題にならなかった。

でも、私のかつての同僚は、私がたまに民主主義のありがたさを実感して上機嫌になっていたのを覚えているだろう。例えば、イェルズィー・エインホーン(Jerzy Einhorn)[注2]マーリット・ポールセン(Marit Paulsen)[注3]といった人が政治の世界に突然足を踏み入れたときも、私は大喜びした。なぜなら、やる気と能力を持って何かに情熱を燃やしている人には、機会さえあれば、持てる力を生かして社会に貢献してほしい、と私は考えていたからだ。逆に、グスタフ・フリドリーン(Gustav Fridolin)[注4]オーサ・ドメイ(Åsa Domeij)[注5]が政治の世界から退いて、別の分野で活躍することを決めたときにも、私は同じくらいに共感した。そう、フリドリーンはジャーナリストになる決意をしたのだった。

民主主義はそうやって活性化されていく。つまり、政治から離れた世界で長いあいだ経験を積んだ人は、政治に必要とされる新しい視点を政治の世界に持ち込み、一方で、政治の世界で長いあいだ経験を積んだ人は一般社会に再び戻って政治経験を生かしていくべきなのだ。だから、私自身は立場を永久に替えてしまったとは思っていない。

私はまたとないこの機会に賭けてみようと思う。そして、すべてがうまく行ったあかつきには、20年以上にわたってスウェーデンのジャーナリスト協会に所属し、ヨーロッパ政治のなかで明らかに狂っているこの漁業問題を改める強い意志を持ち、その問題を描き伝える数多くの経験を積んだ一人の議員が欧州議会に乗り込んでくることになる。

さらば、ジャーナリスト新聞! いつの日かまた会えるといいな。



[注1]
リスボン条約はEUの27加盟国すべての批准を受けて、2009年12月より発効。

[注2]
イェルズィー・エインホーン(Jerzy Einhorn)
1925年生まれ、2000年死去。ポーランド系ユダヤ人として生まれ、1943年にナチスの強制収用所に入れられるが九死に一生を得る(その時の体験はChosen to liveにまとめられている)。大戦後に医者としてスウェーデンへ移住。1991年から94年まで国会議員(キリスト教民主党)として医療改革に携わる。ノーベル医学賞の選考委員も務める。

[注3]
マーリット・ポールセン(Marit Paulsen)
1939年生まれ、女性。ノルウェーに生まれ、若いときにスウェーデンへ移住。工場労働者として働いたり、小説を書いたりしながら、環境問題や動物虐待に関する啓蒙活動も行う。1999年から2004年まで欧州議会議員(自由党)を務める。2009年の欧州議会選挙に先駆けて、政治への復帰を表明し、当選を果たした。

[注4]
グスタフ・フリドリーン(Gustav Fridolin)
1983年生まれ、男性。環境問題に関心を持ち11歳で環境党に入党。同党の青年部会の代表として活躍し、2002年の議会選挙では19歳で当選。スウェーデンで最年少の国会議員が誕生することになった。議員は一般社会との接点を持たなければならず、議員職が生涯の職であってはならない、という考えから2006年の総選挙には出馬せず、その後、ジャーナリストに転身して、民放TV局でドキュメンタリー番組の作成に携わる。

[注5]
オーサ・ドメイ(Åsa Domeij)
1962年生まれ、女性、農業専門家。環境党に所属し、国会議員を2006年まで務め、現在は大手スーパーマーケットAxfood(Hemköpを経営)の環境部長を務める。

[PR]

# by silent-ocean | 2010-01-14 07:17

11月30日発売 『沈黙の海』

<内容紹介・その1>
スウェーデン西海岸には、数世紀にわたって小規模な沿岸漁業で生計を立ててきた漁村があった。そこでは、「海が許容する以上の魚は獲らない」というのが漁民たちのルールだった。

しかし、1980年代に入ると他の漁港から大型の漁船が次々とやってきて、この漁港の沖合いで操業を始めた。最初はなす術もなく眺めていた地元の漁民も、負けじと海に繰り出し、夜も週末も関係なく漁を行うようになった……。

かつては「海の魚は尽きることがない」と考えられていた時代もあったが、1950年代に先進国が漁業を産業的に大規模に行うようになって以来、世界中の海で魚の枯渇が懸念されるようになってきた。

スウェーデンなどヨーロッパ諸国の行政機関も、漁の規制と漁船数の削減が必要だと認識するようになったが、彼らの行った政策は逆に乱獲を助長することになった。沿岸漁業を営んできた小型漁船を次々とスクラップにしていく一方で、大型漁船のさらなる近代化が推し進められている。また、がんじがらめ規制のために、スウェーデン近海だけでも毎年数千トンにおよぶ魚が陸揚げできず、海やゴミ処分場にそのまま投棄されている。

問題はヨーロッパだけに留まらない。新たな漁場を求めるヨーロッパの漁船のために、EUはアフリカなど途上国近海の漁業権を買い取り、そこで新たな乱獲が行われている。そのために生活の糧を失った地元の漁民が経済難民や海賊となることで、新たな問題が生まれている。

本書は女性ジャーナリストである著者が3年がかりでまとめたもので、スウェーデンで刊行されるやいなやベストセラーとなり、人々に衝撃を与えた。その内容は、漁業大国日本の漁業や私たちの食に対しても、大きな示唆を与えるものである。


<内容紹介・その2>
著者がこの本の中で議論しようとしているのは、本当はバルト海のタラではない。クロマグロでもウナギでも、イルカでもない。

個別の種が絶滅し、姿を消すことが問題なのではない。本当の問題は、私たちの海に生息する魚を獲り尽くすことによって、海の生態系全体が変化してしまうことなのだ。一つの種が姿を消すと、それは全体のバランスを狂わすことになる。そして、いずれは陸上の環境にも影響を与えかねない。

漁業による魚の乱獲を巡っては、めったに議論されない別の視点もある。魚は誰のものなのか?私たちすべてのものである共有資源が、多額の公的助成金を受けた少数の漁師によって獲り尽されようとしている現状は、果たして正しいことなのだろうか?EUが私たちの税金を使って発展途上国の漁業権を買い取り、ヨーロッパの漁船が途上国の海を空っぽにしている現状は、果たしてよいのだろうか?

著者イサベラ・ロヴィーンは、まずスウェーデン近海における水産資源の乱獲の調査から始め、次第にノルウェー北部の養殖場や、ブリュッセルにおけるEU政治の裏舞台、そしてアフリカ西部の島国カーボヴェルデへと調査を拡大していく。

『沈黙の海』は、世界中の海の海面下で何が起きつつあるのかを明確に示した貴重な本である。今すぐにでも皆さんがお読みになることをお勧めしたい。


<本文より抜粋>
私が漁業について本格的に関心を持ち始めたのは、ウナギに関する情報を読んでからであった。2003年10月のある日、スウェーデン水産庁からの記者発表がたまたま職場の机の上に置かれていた。私は一度目を通すと、その文章に釘付けになってしまい、何度も何度も読み返した。そして最後には、私の読み間違いではないことが明らかになった。

そこに書かれた事実はあまりに明白だった。水産庁が伝えるところによれば、サルガッソ海からヨーロッパへ流れてくるシラスウナギ(ウナギの稚魚)の量がここ20年あまりの間に99パーセント減少したという。

そして、さらに驚くべきことがその続きに書かれていた。水産庁としてウナギ漁の禁止を発令するほどの正当な理由は見当たらない、というのである。その理由はというと、そうすればスウェーデンの漁師に大きな打撃を与えることになるから、というのが水産庁の見解であった。

では、緊急措置として何を行うのだろうか。
いや、何もしない、というのである。


<本書の目次>
第1章 ウナギ
第2章 警告
第3章 鳴らされない警鐘
第4章 共有地の悲劇
第5章 ヨーテボリの漁船がやって来るまでは…
第6章 漁業に対する経済的支援
第7章 EUと途上国との漁業協定
第8章 EUの共通漁業政策と乱獲の義務
第9章 魚の養殖-果たして最善の解決策か?
第10章 解決の糸口


<著者の紹介>
Isabella Lövin(イサベラ・ロヴィーン)
1963年生まれ。ジャーナリスト。ストックホルム在住。消費者問題や食・環境の問題を扱う雑誌のレポーターやコラムニストのほか、公共ラジオで社会問題を扱う番組の編集長を務めてきた。本書が評価されて、2007年にスウェーデン・ジャーナリスト大賞や環境ジャーナリスト賞などを受賞。2009年夏より欧州議会議員。

<訳者の紹介>
佐藤 吉宗 (サトウ ヨシヒロ)       
1978年生まれ。京都大学経済学部卒業。在学中であった2000年にスウェーデンへ交換留学をしたことが契機となり、同国のヨンショーピン大学経済学部へ進学し修士号を取得。その後、同大学での勤務や欧州安全保障協力機構(OSCE)クロアチア支部での研修を経て、現在はスウェーデン・ヨーテボリ大学経済学部の博士課程に在籍。専門はマクロ経済、投資・生産性分析。通訳や翻訳のほか、スウェーデンの経済・政治・社会問題に関する記事を日本の雑誌に寄稿している

[PR]

# by silent-ocean | 2009-11-30 09:56